運動会で飲むコーラは運動力を下げる

みんなで「インストラクター」のことを考えてみようよ。そんなに敬遠するようなことじゃない気がするんだ、「事実」のことって。
ページの先頭へ
トップページ >

笑顔でお喋りする家族と霧

このようにインターネットが普及することは、子どもだった自分には全く想像できていなかった。
品物を売る店は今から競争化が進むのではないかと思う。
PCを活用し、一番安い物を見つけ出すことが可能だから。
レースがピークになったところで最近よく目につくようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
もう、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

曇っている仏滅の晩はこっそりと
振り返ると、小学校入学から、高校まで意欲的に向学心を持って生活してこなかった。
周りが集中して学習していても、自分は言われるままの事をひたすら行うといった感じだったと思う。
しかし、専門学校に入ってから自分の好きな分野の勉強に変わると、知識がどばっと頭に入るようになった。
しばらくして、社会に出て、研修期間を経て責任のある業務を任されると、次は好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
やりたくないとか感じる暇もなく、どうしても勉強する日々が続いた。
勉強続きの期間をしばらくすると、なぜか学生時代にしなかった勉強をまたしたいと考えるようになった。
今では、同じことを言っている人が友人に何人もいる。

汗をたらして泳ぐ家族と枯れた森

かつて、父も母も、私の対人関係に対しあからさまに積極性を強いてきた。
平均から外れてはいけない、など。
非常にきつい過去だったと考える。
学校が過ぎると、日課のように、偽りの自分を嬉しそうに母に伝える。
そうすれば、安心したような顔を見せてくれる。
少し目立つと、変わり者。
いつもこんなのばかり考えていた学生時代の私とお母さん。
切ない過去だと感じる。

蒸し暑い日曜の日没は散歩を
過去にものすごく太っていた時に、毎日欠かさなかったのがハニートーストだ。
その上、夕食の終わりに2枚くらい食べた記憶もある。
最悪なことに同じ時期に、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい肥満体型の道へ直行だったあの頃の自分。
挑戦したダイエットが、無理のあるものばかりだ。
最初は、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープしか口にしないダイエットだ。
職場にも水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、豆腐を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
さすがに、今ではできない。
その後、2年ほどで生活習慣を気にするようになると、するすると元通りに。
とにかく時間をかけてやっていくしかないのかもしれない。

泣きながら大声を出すあの人とぬるいビール

さやかちゃんはルックスはおとなしそうに見えるけれど、アクティブな女友達。
夫と、3歳のけんちゃんと、一家で、パン屋さんの向かいのアパートに住んでいる。
パートも育児も完璧にこなして、多忙だけど、時間の使い方は素晴らしい。
少しでも時間があれば、この日は空いてる?など必ず連絡をくれる。
私は頻繁にミスドを作って、彼女のうちに遊びに行く。

熱中して熱弁する彼女と飛行機雲
水滸伝の北方版の人間味あふれていて雄々しいキャラクターが、オリジナルの108星になぞらえて、目立った作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに現実の人の様な弱さが見えるのもそして、心を奪われていた理由だ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に成しうる限り奮闘しているのが読みとおしていて心ひかれる。
読んでいておもしろい。
でありながら、ひきつけられる人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていくストーリーも胸にひびくものがあるから心ひかれるフィクションだ。

蒸し暑い週末の朝は昔を思い出す

石田衣良さんという物書きに出会ったのは、友達の愛ちゃんのマンションで。
愛がいない部屋と題した短編がぎっしり詰まった小説がパソコンの前に置いてあったから。
故郷の青森の愛ちゃんのママが読んでいて、それを野菜や果物と同時に宅急便で送ってくれたという。
当時はまだまだ有名でなく、世に知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはいつも自伝や自己啓発、雑誌などは買う。
しかし、俗にいう文庫本は気に入らないらしく、この本、私にあげる!という。
彼女の母親はどんなことを思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろうか。

目を閉じて自転車をこぐあの子と霧
今年の夏は、海に入りに行っていないが、泳ぎにめっちゃ行きたい。
今、ひとり娘が2歳なので、泳がせないで遊ばせる程度だけど、しかし、想像するけれど笑ってくれると思う。
だけど、しかし、まだ、オムツを着用しているゆえに、遊んでいる人の事を思ったら海に入れないのがいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

月が見える水曜の夜は椅子に座る

やりたいとは別に思っていなかったけれど、運動も多少でも取り組まなくてはと近頃思う。
仕事内容が違くなったからか、今日この頃、歩く事が非常に減り、体脂肪がとっても上がった。
それと、年もあるかもしれないが、おなかにぶよぶよと脂肪がついていて、とっても恥ずかしい。
ほんの少しでも、気をつけないとひどくなる。

薄暗い休日の夜にひっそりと
タイムイズマネーというのは、凄い名言で、ダラダラしていると、実際にすぐに自由な時間が無くなってしまう。
もっとささっと勉強も提出物も終われば、これ以外の事に貴重な時間を回せるのに。
例えば、ウォーキングしたり、自炊したり、英会話テキストを手に取ったり。
とのことで、ここ最近、しゃきしゃき取り掛かろうと努力しているが、どこまで続くのか。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 運動会で飲むコーラは運動力を下げる All rights reserved.