運動会で飲むコーラは運動力を下げる

たとえば、地球のことを知らないエイリアンに「チャーハン」を説明するなら、どうやって言う?「100%ジュース」の性質とか、いや、そもそも世界や日本のことから説明始めるのかもしれない。
ページの先頭へ
トップページ >

泣きながら自転車をこぐ家族と冷めた夕飯

私の娘がマルモダンスにはまっている。
私は教えていないけれど、3歳なのに一生懸命まねしている。
どこかでマルモダンスの音楽が流れると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
映像を流すと止まることなくずっと休むことなく見続けている。
親だから、テレビの映像を見ているよりも絵本を見たり、おもちゃで遊んだりするほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今遊んでおくのも自分の為でもある。

怒って踊る母さんと冷めた夕飯
アンパンマンは、小さな子に人気のある番組だけど、しかしものすごく攻撃的に思う。
ストーリーの終わりは、アンパンチとぼこぼこにして話を終わりにすることが大変多く思える。
子供にもめっちゃ悪い影響だと私には思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、たいして悪いことをしていない話の時でも暴力で話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんを見たら、やめろと怒鳴りながらもう殴りかかっている。
理由を聞かずに問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って終わりにするからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたっても同じ内容だ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにする必要があってそんなふうになっているのだろう。

雲の無い水曜の早朝は立ちっぱなしで

私の部屋は、クーラーも暖房も置いていない。
なので、扇風機と冷やしたペットボトルを飲みながら仕事をする。
昨日、扇風機を動かそうと思い、回したまま抱えてしまった。
すると、扇風機の動きが止まったので「え・・・?」と考え、じっくり見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きを止めているのは、まさしく自分の中指だった。
怖くなって手を放すと、また扇風機は回転を始め、自分の指からは血がにじんできた。
痛さも感じることもなかったが、気を付けなければと考えた。

息絶え絶えで吠える兄弟と濡れたTシャツ
離れた実家で暮らす私の母も孫用として、たいそう一杯お手製のものを作ってくれて送ってくれている。
アンパンマンがめっちゃ好きだと伝えたら、話したキャラの生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、仕立てるために必要な布の金額がめっちゃ高価できっきょうしていた。
生地は縦、横、キャラクターものだと上、下も方向が存在していて面倒だそうだ。
しかれども、色々、裁縫してくれて、届けてくれた。
孫は非常にかわいいのだろう。

湿気の多い平日の明け方は立ちっぱなしで

職場で着用するスーツを買いに行った。
コムサでモードなどフォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれど天神コアも悪くないと思う。
若くてはつらつとした女性向けのショッピングビルでピタッとした製品が多い。
値段は店舗によっての違いが出るが、なんとなくお手頃。
店を選び、スーツを選んでいたが、小さめの物が多く置かれていた。
着てみると、なんとなくお洒落に見える気もする。
良い感じのスーツ選びができて、すごくハッピーだった。

控え目に自転車をこぐ友達とあられ雲
家の前でハンモックに寝転がり、心地よい風に身をゆだねていた、休日の夕暮れの事。
頭上には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、我が家のネコが「ニャギャァッ!」という凄まじい声にビックリして、ハンモックから下に落下してしまった。
まじまじと見てみると、うちのネコはヘビと対面し、背中の毛をおっ立てて興奮しながらも恫喝していた。
ヘビはそう大きくはなく、毒も持っていなさそうだったので、少年はそばに落ちていた棒でつついて追い払い、猫を抱きかかえてもう一度ハンモックに横になった。少年は、ネコの頭をなでてやりながらお腹の上で寝かせ、気持ち良さそうに前足をしまうネコを眺めた。

陽気に跳ねる家族と季節はずれの雪

定期的な診断は、毎度どこか引っかかる。
心臓だったり、血液の数値だったり、尿だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、診断結果がくると、がんの疑いがあり、いち早く、検査を下記の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったというより心ぼそかった。
すぐに人に聞いた病院に再検査に行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は今までも痛くつらかったので、集団検診に引っ掛かったのはわかるが、言葉で名前と胃がんの疑義が存在すると記されてあったらぞっとした。

息絶え絶えでダンスする母さんとわたし
今日の夕食は家族と外食なので、少年はとても楽しみにしていた。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと考えていた。
ハンバーグやスパゲッティ、もしかしてステーキも?などなど、メニュー表には何があるのかと想像していた。
今回はこの前オープンしたファミレスだ。
お父さんの運転する車は、じきにお店に着く頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは少年の横で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車から降りると、ドキドキしながら店の入り口を開けて皆が来るのを待った。

気持ち良さそうに自転車をこぐ妹とわたし

喜んでもらえるおくりものを思いつかなくてはと思っている。
記念日が近くて、家内に喜ばれるプレゼントをあげたいのだけれども、しかしとてもいい贈り物が考え付かない。
嫁になんか手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、あまり、物欲がないので、嬉しがりそうなものが見当つかない。
それでも、内緒で嬉しがりそうなものを見つけてサプライズをしたい。

風の強い祝日の朝に読書を
学生の頃、株の取引に好奇心をもって、買おうかと考えてたことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれど、汗水たらして得たお金があっさりとなくなるのも嫌で、買えなかった。
証券会社に口座はつくって、貯金から動かして入れて、ボタン一つだけで買えるように準備したけれど、怖くて買うことが出来なかった。
一生懸命、働いて稼いでためたお金だから、他人たちから見たら少なくてもでも無くなるのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 運動会で飲むコーラは運動力を下げる All rights reserved.